快眠できる本当のアロマオイルの選び方とブレンド法!認知症にも効果

タイプ別で見るアロマオイルブレンド法

『真正ラベンダー+ペパーミント』

症状・タイプ:頭が疲れている、イライラで眠れない

 

『真正ラベンダー+オレンジスイート+ゼラニウム』

症状・タイプ:不安を感じる、落ち込んでいる

 

『真正ラベンダー+ゼラニウム』

症状・タイプ:幸福な気持ちで眠りたい

 

『真正ラベンダー+ペパーミント』

症状・タイプ:暑さで眠れない

※この他にも「ゼラニウム」や「オレンジスイート」とペパーミントを組み合わせてもOK。

 

『ペパーミント+ユーカリ』

症状・タイプ:気分よく朝起きたい

 

『オレンジスイート+ユーカリ』

症状・タイプ:疲労感が抜けない

 

他のアロマの香りに比べてどれもクセが少ないので、この5種類を使ってお気に入りの香りを作ってみてはいかがでしょうか?

 

アロマの奇跡!ブレンドオイルで『認知症予防』にも効果

健康を扱った人気番組「みんなの家庭の医学」で取り上げられてから人気に火が付いたのがアロマの『認知症予防効果』です。

ブレンドオイルを特定の時間に嗅ぐことで嗅覚をコントロールする嗅神経が刺激され”海馬の機能が回復して脳が若返り、認知症に効く”と言います。

快眠やリラックスだけでなく、認知症予防にも効果が期待できるなら使わない手はありません。

 

『認知症予防』に効果のあるブレンドオイルの作り方と使い方

◆就寝前(夜)

  • ラベンダーオイル2滴
  • オレンジオイル1滴

※就寝約1時間前からニオイを嗅ぐようにします。

 

◆午前中(朝)

  • ローズマリーオイル2滴
  • レモンオイル1滴

※午前中に2時間にニオイを嗅ぎます。

香りもブレンドされるので特定の香りが苦手な人でも試しやすくなるというメリットもあり、睡眠改善にも期待が持てます。

ディフューザーなどで簡単にセットできるのでとってもおすすめの方法です。

 

最後に

一口に「アロマオイル」といっても、こと睡眠に効果を持つものは意外と少ないため購入時にしっかり成分を確認しましょう。

適切な量を使えばたくさんの嬉しい快眠効果が期待できるため、

  • 寝る前にリラックスしたい
  • 寝つきが悪い
  • 認知症予防を始めたい

といった方に適しています。

”たかが香り”とあなどれない実力を持ったアロマオイルの力で、ぜひ睡眠改善を始めてみてはいかがでしょうか?

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 太陽光が差し込むベッドルーム
    眠れない「不眠症」改善のための対処方法 “日本人の5人に1人は不眠症“とも言われるほど深刻な「不眠…
  2. 不眠症で眠れない男性
    「不眠症」で眠れない人のための基礎知識 出典:weheartit 男性から女性まで年齢を…
  3. 数種類の薬の画像
    どちらが効果ある?「睡眠薬」と「睡眠改善薬」の違いとは? 不眠症に悩まされる人にとって「睡…
2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る